2010年07月04日

W杯:ドイツ、アルゼンチンに完勝!スペイン苦しんで勝利

ドイツおそるべし!
vs イングランドは4-1、vs アルゼンチンは4-0の高得点と得点差での勝利、これはすごい!

アルゼンチン戦は、まったくスキがなく、
さらにこぼれ球もしっかりゴールに入れ込むと言う、文句なしの試合でした。
アルゼンチンもまったくダメだったわけでもなく、
何度もゴールチャンスもあり、シュートもうったのに、決まらない。
この様子を見ると、バラックがいなくて逆に良かったような気もします。

スペイン-パラグアイ戦、日本戦同様、スペインも苦しみました。
今回もやはり、パラグアイが中心に守備を固めてきました。
そうなると、ライン側に広がり、また例のパターンです。

ピケがPKを与えてしまったが、カシージャスのうまい読みで得点は阻む。
直後、今度はスペインのPK。
チャビ・アロンソが決めた!と思ったら、スペイン選手の飛び出しでやり直しになると
今度はパラグアイGKが阻む。

そこにきて、トーレスがうまくいかない。
早く交代すべきだ・・・これは初戦から言われているのだが。
後半の中盤過ぎ、ようやくトーレス交代 ->セスクだ。

セスクで一段と中盤が厚く活発になり、ビヤのワントップに変わった。
ワンタッチでのパスが圧倒的に多くなり、パラグアイの守備がようやく崩れ始める。
今度はチャビアロンソをペドロに交代。
ここも替えるべき時だったので、まぁ正解。

ようやく準備がそろったと言う感じです。

イニエスタ ->ペドロのゴール!がポストに跳ね返り ->ビヤが跳ね返りを再度ゴール!
ポストにあたるも、ボールの回転がうまく入り、
今度は逆ポールにあたり、最後はようやくゴール。

苦しんだスペインが最後の力で獲得した一点で、パラグアイは敗退。
試合後、アルカラスはユニフォーム顔を覆い、かなり落ち込んでいた様子、涙、涙。
あまりの様子に、スペイン選手も声をかけに集まる。

互いに同じような場面にに苦しんだ試合だからこそか、
ラテン人同士の情に通ずるところありか。

次戦は、ドイツ-スペイン。
この状態だと、ドイツがかなり優勢だ。
ドイツも守備を固め、カウンターを狙ってくるだろう。

守りで試合らしい試合ができないと、ストレスを語るスペイン(監督)ですが、
それも戦略、そうなら、こうする次の手をうつのが監督の手腕ですよ。

もちろん、美しいサッカーは見てて気持ちいい。
でも勝負ですからね・・・
少なくともせこいサッカーはみたくないですけど。

-------------------------------------------------------------------------------
FCバルセロナ、レアルマドリッド公認チケット代理店:ユーロチケットセンターTOKYO
リーガ観戦チケット全試合手配中!FCバルセロナ国内配達!
プレミア、セリエAも対応
-------------------------------------------------------------------------------
★ワンランク上のバルサショップ&サッカーTシャツクレ
W杯、各国Tシャツ!
-------------------------------------------------------------------------------
フットボール・エキスパート
チームで行く!スペイン・バルセロナ:サッカースクール
現地熟練インストラクターが指導、通訳24時間
日本語版近日公開!
-------------------------------------------------------------------------------




posted by ユーロチケットセンターTOKYO at 18:20 | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック