2013年07月09日

ビジャ、アビダル(悲)ネイマール=ロナウジーニョ、ロセイ派 v ラポルタ派

せえsすでに退団(放出)が決まっていたアビダルは古巣モナコへ
ビジャは、プレミアが濃厚との噂でしたが、アトレティコへ移籍となりました。

ご存知の通り、アビダルは不屈の精神で難病を乗り越え、チームメイトも彼への敬意は多大な物でしたね。
フランス代表のごたごたの際も、(シーズンが始まり)バルサに戻るのが待ち遠しかったと言うほど、バルサを愛してくれた選手でした。
ビジャもスペイン代表の多いバルサで、怪我の前までは良い感じだったのに、本当にあのラフプレイさえなければと思うと悔やんでなりません。
ビジャは、バルサの天敵でもあるアトレティコへ。
子供もたくさんいますから、スペイン(語)からは離れたくなかったのかも。

そして、次のシーズンはネイマールですね。
ネイマールの事はとりあえず置いといて・・・
そんな大金を使うなら、FW、MFの良い選手は十分いるのだし、プジョルの復帰も不定期、良いDFを補強した方が良いのではないですかね?

コンフィデでもネイマールは良い結果を出しました。
控えめで、メッシとも良い感じに行けるだろうと言う記事もよくみます。
・・・が、いつまで続くかと言う疑問符。
ブラジル人って良い選手なのに、頂点に手が届くと、あとは転がり落ちるタイプが多いですよね。

・引っ張ってきたのが、ロセイ会長
・既に子供がいる(未婚の父?)
・若いのに、色々浮名を流している
・夜遊び好き?
・ブラジル人

まるでロナウジーニョじゃないですか(笑)

いまひとつ、透明感のないロセイ会長。バルサを会長個人の会社に利用してるのではないかとの黒い噂も?
カタールロゴをつけることでクラブの歴史に泥を塗ったと、レジェンド・クライフはご立腹。
移籍選手についても、経営陣が首をつっこみすぎるとご不満でした。

ペップが長期間の契約を拒んでいたのも、ロセイ会長の経営をよく見て去就を決めたいと考えているに違いないと、現地新聞などにも書いてありました。そして有終の美を飾り退団。
そんなこんなで、次回の会長選挙に、ラポルタがまた立候補するかも?と言う記事がありました。
まぁ、スペインのスポーツ紙のゴシップネタも、どこまで本当かってところ(笑)

3〜4年後、(多分)プジョルが引退し、バルデスもいない、チャビがカピタンで、なにもなければメッシ、イニエスタは残るものの、ペップ時代に築いたカンテラ(B)との連携も薄れ、ドリームチームの再来と呼ばれた時代に区切りがつきそうな気がします。

そして、ロセイがいなくなり、バルサが再生される?!
・・・と、バルセロナの友人クレとの予想です(笑)


posted by ユーロチケットセンターTOKYO at 22:45 | TrackBack(0) | バルサ&バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368746630

この記事へのトラックバック