2013年07月11日

グラディオラ:バルサ役員よ、放っておいてくれ?!

次のシーズンから、バイエルン・ミュンヘンの監督に就任の
ペップの記者会見がありました。

スポーツ紙にとりだたされたのは、
ネイマールとの交渉の事(ほとんど関与してない)
バルサ幹部が言う、ティトとの不仲説
チアゴの引き抜き希望などでしたが
一面は、現在のバルサ役員への苦情。

バルサ時代の盟友でもあるティトとの不仲説をバルサクラブの役員らが取り上げた事は、事実でないし、傷つき、後味の悪い話だ。NYでティトが入院していた時も、お見舞いに行ったしね。
バルサは特別なクラブだ。
だが、こういうでっちあげについては、自分の事は放っておいてほしい。
それに、クライフが食事に行こうと誘ってくれば、問題なく出かけるよ。

ロセイ会長と犬猿の仲とも言われるクライフ。
ロセイ会長が退任したら、またバルサに戻ってくるかもと言う噂はまだ続きそうだ。
posted by ユーロチケットセンターTOKYO at 22:49 | TrackBack(0) | バルサ&バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368942920

この記事へのトラックバック