2014年06月22日

退団続くバルサ・・・今度はまさかのチャビ

プジョル、バルデス、ピント、セスクの退団に続き、
数日前から報道はされていた、バルサのチャビ(エルナンデス)の退団がほぼ決まったようです。
行き先は中東だろうとされています。

TVのスポーツ番組で、何人かのパネラー同士話す番組がありそこでの会話だと以下のような話だ。

- ルイスエンリケの戦略構想に入っていない。

- ルイスエンリケの構想だとチャビのポジションにはかなりの体力負担がかかり
  35歳のチャビには、運動量が多すぎる。

- プジョルが退団したので、時期カピタンはチャビだろう。その負担も大きい。

- プレイ継続したいが、バルサでは負担の方が大きいので、楽しんでプレイできるチームに移籍したい。

クライフとの犬猿の仲がクローズアップされた、前会長のロセイ氏との不和か
ペップの退団に始まり、カンテラ出身選手の退団が噂され始めました。
ロセイ氏は退任したものの、ブレーンはまだ残っているので、それも要因の一つだろうとも言われています。

ペップと、ルイスエンリケ、ピラノバで作り上げた、カンテラ出身の黄金期が
ここで一旦終焉を迎えた形です。

スペイン代表の黄金期と重なったバルサの黄金期。
大半の代表選手がバルサ選手だったから、どちらも黄金時代だったのでしょうが
今回のW杯は、カシージャスがリーグ戦でベンチが多い状態であったり
バルサはこんな状態で、その余波か、惨敗にて消えてしまいました。

来シーズンのバルサはどうなるでしょうか。
カピタンはメッシになり、軸(チャビ)のいなくなったバルサの軸は、イニエスタ?
とはいえ、イニエスタもタフな方ではないし、どういった構想になるでしょうか。


posted by ユーロチケットセンターTOKYO at 09:16 | TrackBack(0) | バルサ&バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400006278

この記事へのトラックバック